マイナンバー制度とは マイナンバー制度の仕組み

スポンサードリンク

マイナンバー制度とは マイナンバー制度の仕組み

マイナンバー制度とは 仕組み

マイナンバー制度とはそもそも何で、何のために導入されるのでしょうか。
マイナンバーは、正式には「社会保障・税番号制度」といいます。

 

国民全員に一人ひとり番号をつけるって聞くとなんだかえたいが知れず恐ろしい感じもしますよね。

 

マイナンバーは12桁で、自分を表す個人番号になります。この番号は通常は一生変わることなく使い続けるものです。

 

一生だなんてますますなんだかプレッシャーかかりますよね 汗

 

でもいい面もあるのがこの社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)です。よく知ることでそんな不安を払拭しましょう!

 

まず、日本に住民票を持っているすべての人に一人一つだけの番号が与えられ、これを

  1. 社会保障
  2. 災害対策

この3つの分野で情報を管理して複数の機関に存在する個人の情報が同一の個人の情報であることを確認するために活用されるものとなってます。

 

これによって行政を効率化し、私たち国民の便利さがアップすることが期待されます。また公平で公正な社会を実現することが期待されます。

 

マイナンバーの通知時期・制度開始時期

 

マイナンバーは平成27年度(2015年)10月に市区町村から通知カードが住民票のある住所に送られてきてそれにより知ることができます。
制度の開始時期は2016年1月からです。

 

マイナンバー 期待される効果

マイナンバー制度によってどんな効果が期待できるのでしょうか。マイナンバー制度のメリットは以下の3つがあげられます。

 

行政の効率化

番号が一つに統一されることで、行政機関や地方公共団体などで、様々な情報の照合、転記、入力などに要している時間や労力が大幅に削減されます。
複数の業務の間での連携が進むことで作業の重複などの無駄が削減されるようになります。

 

国民の利便性の向上

行政手続きが簡単になるという利点が私たちにはあります。
いろいろな手続きに住民票など添付するものが必要だったものがマイナンバーがはじまることでなくなるようです。

 

公平・公正な社会の実現

不正受給や脱税といったことも防げるようになることが期待されます。
このマイナンバー制の導入によって、所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止しやすくなります。それと共に、本当に困っている方にきめ細かな支援を行えるようになります。

 

 

このようにマイナンバーを使うことで例えば次のような場面で使えて簡単に手続きができるようになります

 

マイナンバー使用例

 

  • 児童手当ての現況届にマイナンバーを使う
  • 厚生年金の裁定請求にマイナンバーを提示
  • 証券会社や保険会社等にマイナンバーを提示し法定調書等に記載
  • 勤務先にマイナンバーを提示し源泉徴収票等に記載

 

民間業者とマイナンバー

また民間企業でも、従業員の厚生年金の加入や健康保険や給料から源泉徴収して税金を納めたりするときに平成28年1月からはこれらの手続きを行うためにマイナンバーが必要になってきます。

 

ということで私たち、働いている場合もマイナンバーを勤め先に教えないといけなくなってきます。

 

 

マイナンバーはこのようにいい反面、個人情報の保護の不安などいろいろありますね。ただ、マイナンバーの情報を漏洩するのは罰則があるのでその点では安心といえます。


スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top