NHK受信料の義務化とマイナンバーの紐付けについて

スポンサードリンク

NHK受信料の義務化とマイナンバーの紐付けについて

NHKの受信料の義務化とそれにマイナンバーを活用してはどうか?という提案がでたようですよ。

 

え!NHKの受信料ってもともと義務じゃなかったの・・・・・!という私の驚きも相当ありました。

 

 

2015年9月24日のニュースです。

自民党情報通信戦略調査会放送法の改正に関する小委員会(委員長=佐藤勉・衆院国対委員長)は24日、NHKや総務省に対し、NHKの受信契約の有無に関わらず受信料を徴収する「支払い義務化」を求める提言をまとめた。

 

 受信料の徴収コストは、受信料収入の10.7%に当たる735億円(2015年度予算ベース)に上り、支払率は76%(14年度末現在)にとどまる。また、インターネットでの放送番組の同時配信の本格実施に向けて、ネット視聴者の負担のあり方がNHK内でも検討課題になっている。

 

 そのため委員会は、不払い者に罰則を科す英国や、テレビの有無に関わらず世帯ごとに徴収するドイツの公共放送の例に言及。これらを参考にしつつ、マイナンバー制度の活用などを含めて制度を検討するよう求めた。

 

 義務化の実現には放送法の改正が必要で、「事実上の税金化」などの批判もある。また籾井勝人(もみいかつと)会長は国会答弁で義務化を歓迎するも、値下げについては、放送センター建て替えなどを理由に慎重な姿勢を示している。

 

引用&抜粋:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150924-00000062-mai-pol

 

どうなるのかは今後分かりませんが、こうやってマイナンバー制度が後からどんどん紐付けされ、利用される危険性が改めて感じられたニュースでした。

スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top