年末調整とマイナンバー 2015年

スポンサードリンク

年末調整とマイナンバー 2015年

マイナンバーカードが配られて、2016年1月からマイナンバーが施行されます。

 

2015年の年末調整ではマイナンバーの記入はする必要があるのでしょうか?実際にやりましたので紹介します。

 

今年2015年マイナンバーの記載が必要なもの

 

扶養控除等異動申告書は記載が必要

マイナンバーの記載が必要な書類は、通称「マル扶」と呼ばれる「扶養控除等異動申告書」です。
配偶者や子供等の情報を記載する書類である。これはマル扶が「2016(平成28)年分」であるからです。

 

参考:国税庁 平成28年分の「給与所得者の扶養控除等の(異動)申告書」
https://www.nta.go.jp/tetsuzuki/shinsei/annai/gensen/pdf/h28_01.pdf

 

あなたの個人番号というところと、一番下の子供のところに子供の個人番号(マイナンバー)を記入します。

 

これに自分と子供のマイナンバーを記入しました。

給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書は2015年は不要

 

もう一枚書く「給与所得者の保険料控除申告書兼給与所得者の配偶者特別控除申告書」については、年末調整のために提出した分はマイナンバーの記載が不要です。これは2015年(平成27年度)分のためです。

スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top