マイナンバー制度と年金

スポンサードリンク

マイナンバー制度と年金

マイナンバー 年金

マイナンバー制度と年金についてここではまとめています。

 

そもそもマイナンバー制度の目的は、国民全員に12桁の固有の番号を割り振り、納税や社会保障の事務を効率化することにあります。

 

これまでは、省庁の縦割り行政の弊害で情報の共有が全くされておらず、余計な手間がかかっていました。

 

その中でも年金は、特にその傾向が強かったのです。紐付けすることで以下の2点について効果が考えられています。

 

  • 行政の効率化
  • 課税などの負担の公正化

 

年金とマイナンバー制度のスケジュール

予定ではマイナンバー制度は2016年(平成28年度)からスタートするのですが、年金は平成28年度中にシステムを構築して、マイナンバーと年金受給者の紐付けを行い、
平成29年度(2017年度)から実際に運用される予定です。

 

マイナンバー制度の年金利用が延期?!

ただ、2015年6月に年金の情報流出問題があり、延期される予定です。

 

最新情報はマイナンバー制度の公式ホームページで確認ください。


スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top