改正マイナンバー法について 最新情報

スポンサードリンク

改正マイナンバー法 最新情報

改正マイナンバー法 内容

いろいろ年金の漏洩問題等あり、話し合いがもたれていたマイナンバー制度ですが、
来年1月に運用が始まる社会保障と税の共通番号(マイナンバー)の利用範囲を広げる改正マイナンバー法と、
改正個人情報保護法が2015年9月3日の衆院本会議で、与党や民主党などの賛成多数で成立しました。

 

 

改正マイナンバー法の内容

改正マイナンバー法は2018年から金融機関の預貯金口座にマイナンバーを適用することが柱となっています。日本年金機構の個人情報流出問題を受け、マイナンバーと基礎年金番号の連結は延期されました。

 

2018年から金融機関の預貯金口座にマイナンバーを適用

 

マイナンバーと基礎年金番号の連結は延期

マイナンバーは、日本に住民票を持つ全ての人に12桁の番号を割り振る制度。
10月から国民への通知が始まる。行政機関などは、納税や社会保障給付に関する情報をマイナンバーで一元的に把握できるようになる。

 

改正マイナンバー法では、マイナンバーの利用範囲を預金口座や特定健康診査(メタボ健診)にも拡大。

 

預金口座へのマイナンバー登録は預金者の任意とし義務付けは避けたが、登録により税務当局や自治体は、脱税や生活保護の不正受給を減らせると見込む。
また、メタボ健診や予防接種の履歴情報とマイナンバーを結び付けると、引っ越しや転職をした場合でも、自治体や健康保険組合の間で健診情報を引き継げる。

 

(引用&抜粋:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150903-00000063-jij-pol)

 

改正個人情報保護法の内容

改正個人情報保護法は、蓄積された膨大な個人情報をビッグデータとして企業が利用しやすくする一方、情報漏えいに対する罰則が設けられました。


スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top