マイナンバーカードが保険証として利用可へ 2018年

スポンサードリンク

マイナンバーカードが保険証として利用可へ 2018年

政府は2016年1月から交付の始まったマイナンバーカードを、2018年度から保険証代わりにも利用できるようにする方針を固めたようです。

 

マイナンバーカードを保険証代わりに利用する事によって、患者の本人確認を迅速にし医療事務の負担を軽減する目的があります。

 

実際に医療機関では転職や離職などで失効された保険証を提示されても、すぐには分からず、後ほど失効が判明するというケースも数多くあり問題になっていました。

 

そこでマイナンバーカードと加入している保険組合を紐付けする事によって、患者が加入している保険の種類を瞬時に確認できるようにして、このような事態を防ぐ事ができるようになるそうです。

 

また保険証代わりに利用する事によって、思ったよりも普及していないマイナンバーカードの普及を図る目的があるようです。
政府もマイナンバーカードの用途を広げて、カードの普及を広めたいようですが、なかなか思うようにすすんでいないようですね。

 

開始予定

2018年から

 

詳しく決まり次第また追記しますね。

 

スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top