マイナンバー 確定申告 副業ばれる?

スポンサードリンク

マイナンバー 確定申告 副業ばれる?

マイナンバー 確定申告 副業 ばれる

平成27年10月からマイナンバーの通知が行われ、平成28年1月から個人番号カードの申請も始まりいよいよマイナンバーの利用が始まりました。

 

マイナンバーについてよく話題になるのが「マイナンバー制度の導入によって副業がばれるのか??」という話です。
この「ばれる」という事に関しては人によって意味が変わってきます。

 

一つは税務署にばれるのかという意味でもう一つは会社にばれるのかという事です。

 

税務署にばれるのを恐れている人は無申告の人ですね。

 

副業といえども年間で20万円以上の副収入があれば申告しなければいけませんが、実際には多くの方が無申告なのが現状だったりするようですね。

 

これは現在の税務署のシステムに問題があったからです。
税務署員も仕事のため数十万円の無申告に対して追徴課税を掛けてもしれています。そのためわざわざ調査をしないのです。しかし、マイナンバー制度の導入後は番号を照らし合わせるだけで簡単に無申告者が判明してしまいまう事が予想されます。仮に小額といえども無申告は脱税です。しっかりと確定申告をしましょう。

 

 

会社にばれるのを恐れている人は、本業の会社が就業規則で副業禁止になっているのにも関わらず副業をしている方だと思われます。こちらに関しては専門家の間でも意見が分かれていますが多い意見がマイナンバーは行政がつかうもので民間で使うわけではないので、確定申告をする際に普通徴収にするなどの対策をしていればおそらく大丈夫という事のようです。。

 

しかしばれる時は簡単にばれてしまうものなので、ばれた場合のリスクなどを考えて副業するべきかしないべきかを考えた方が良さそうですね。


スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top