マイナンバー制度 罰則と法律

スポンサードリンク

マイナンバー制度 罰則と法律

マイナンバー 罰則

マイナンバー制度が始まるということはマイナンバー法が施行されるということです。

 

「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律」というものがあります。

 

個人情報を取り扱うマイナンバーなのできちんと法律で定められており、罰則もあります。

 

罰則というのはマイナンバーを取り扱う企業等が、私たち個人のマイナンバーを悪用したりした場合にあるものです。

 

罰則がないと困りますよね。

 

現時点で特定個人の漏洩により経営者に科せられるもっとも重い刑事罰は「4年以下の懲役または200万円以下の罰金」もしくはその両方のようです。

 

経営者等マイナンバーを扱う人はしっかりこの点を考えて対応しておかないと、特定個人情報(マイナンバー)の漏洩により罰を受ける必要があります。

 

まだガイドラインが詳しく決定してないので、分かり次第追記します。(2015年4月時点の情報です)

 

詳しくはマイナンバー社会保障・税番号制度のHP


スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
page top