マイナンバー制度・内容 最新情報まとめサイト

スポンサードリンク

マイナンバー制度 最新情報まとめサイト

マイナンバー制度とは

マイナンバー制度が日本ではじまりました。
マイナンバーとはなんなんのでしょうか?いつから始まり、どんなメリット・デメリットがあるのでしょうか。マイナンバー(個人番号)の内容と手続き方法、社会保障や税との関係、罰則や預金に関する情報をまとめたサイトです。
個人的に知らない事だらけで個人情報の取り扱いにも不安になり、マイナンバー制度についてさまざま調べている一主婦が分かりやすく簡単に書いていますので参考にどうぞ。

 

マイナンバーは、正式には「社会保障・税番号制度」といい国民一人ひとりが持つ12桁の番号のことで、一生使うので大切にしないといけません。

 

マイナンバー制度はいつから必要 開始時期

2016年(平成28年度)1月からスタート。
社会保障、税、災害対策の行政手続きで、マイナンバーがになります。
マイナンバーは申請すると個人番号カードが交付されます。

 

また平成29年(2017年)1月からマイナポータルで個人情報のやりとりがインターネットで確認できるようになる予定です。
→平成29年7月へと半年間延期されました。

 

マイナンバー制度 いつから・開始時期・スケジュール

 

マイナンバーの手続き・対象者

マイナンバーはどうやって決まって、自分の番号はどうやって知ることができるのでしょうか。

 

平成27年度10月から住民票を有するすべての人に、一人一つのマイナンバー(個人番号)が簡易書留で通知カードとして市町村から通知されれています。

 

マイナンバーは中長期在留者や特別永住者などの外国人の方にも通知されます。

マイナンバー制度について

 

また法人(企業)でに法人番号というのが割り当てられます。

 

マイナンバー制度と法人

 

マイナンバーカードが届いたらどうする?
マイナンバーが着たらどうしたらいいの?と思うかと思いますが、まずは番号は他人にみせず、きちんと保管しておきましょう。

 

マイナンバー制の内容・メリット

マイナンバー制度がどうして必要となってスタートするのでしょうか。私たちにはどんなメリットがあるのでしょうか。

 

行政の効率化

様々な情報の照会・転記・入力などに要している時間や労力が削減される

 

国民の利便性の向上

行政手続きが簡素化される

 

公平公正な社会の実現

所得や他の行政サービスの受給状況を把握しやすくなるため、負担を不当に免れることや給付を不正に受けることを防止するとともに、本当に困っている方にきめ細かな支援を行うことができる。

 

マイナンバーが必要な場面

これからマイナンバーが必要になってくるのは大きく分けて次の3つです。(状況によって変わりますのでご了承ください)

 

社会保障
  • 年金(延期予定)
  • 雇用保険
  • 医療保険
  • 福祉(生活保護)
  • 児童手当て等

 

確定申告等

 

災害対策

被災者生活再建支援金の支給等

 

マイナンバー取り扱いの注意・デメリット

マイナンバー制度 デメリット

マイナンバーは一生涯変わらない番号なので、取り扱いに注意が必要です。
むやみに他人に教えることで個人情報が危険にさらされる可能性もあるわけです。

 

他人のマイナンバーを不正に入手することや、他人のマイナンバーを取り扱う者が
マイナンバーや個人の秘密が記録された個人情報ファイルを不当に提供することは、処罰の対象となるので利用する人も取り扱う人も注意が必要です。

 

このサイトではもっと詳しくマイナンバーについて分かりやすくみていきます。分からないと不安でしょうから、きちんとした知識をもって、マイナンバーをうまく利用して、個人情報も守っていきましょう!

 

マイナンバーと詐欺

 

マイナンバーコンテンツ


マイナンバー 最新情報

2016年1月1日:マイナンバー制度が開始されました。

 

2015年11月12日:まだ目標の一割しかマイナンバーカードは配布されていないとのニュースが流れました。

 

2015年9月3日:改正マイナンバー法が成立しました。
年金との連結は延期され2018年から預金口座に適用されます。

 

改正マイナンバー法について 最新情報

スポンサードリンク


マイナンバー制度については新しい制度ということもあり、内容が書いた当時と変わっている可能性が大いにあります。必ずマイナンバー制度の国のHPで確認したうえでご利用ください
更新履歴
page top